見えないお洒落。

特段予定もなく、Amazonプライムでくだらない番組でも見るかなぁと思っていた先週のある休日。

たまたまTwitterでフォローしている新宿末廣亭から、神田伯山真打襲名披露興行の番組を見つけ、これは面白そうだと(朝10時頃からの整理券配布に並び!)寄席に行ってきました。

会場超満員のおかげで、4時間強、畳座に座りつづけるのは大変でしたが、豪華な出演者の芸を堪能でき大満足でした。

余談ですが、寄席は、聴く側(客)も話し手(出演者)と一緒になってその場の空気を作っている感覚が他になく楽しいですね。
テレビで見たらぜったい笑わない人でも(ごめんなさい笑)、なんとなく場を共有していると、空気に乗って笑ってしまうんですよね。一方的に見聞きしているだけなようで、実は双方のコミュニケーションがあることに気づかされました。そうすると健康的な娯楽だと思います。

さて、寄席から帰ってくると、「神田伯山ティービー」なるYouTube動画が話題になっているではありませんか。

観てみると、それがとても面白い。何が面白いかというと、楽屋裏を映しているので、噺家さんらの本番前の素の部分が見れたりするんです。

寄席で噺家が枕のネタにしていた話は、このことだったのね!とか、このお師匠さんは私服お洒落だなぁとか。

とりわけ、観れてよかったなと思ったのが、桂文治師匠の長襦袢。

興行中、何日も出番がある中で、毎回変わった長襦袢を着てたんです。
(YouTubeでその反響が多かったのか、ご本人も自覚的に毎日衣替えしてたようでしたね。)
その柄や色がとても可愛いのですが、それがまた文治師匠の雰囲気にも合っていて格好いいんです。

下の画像の長襦袢なんかは、大きく羽ばたく鶴の柄。襲名披露のめでたい席に、縁起が良いですよねえ。見えない部分でも、お祝いの気持ちが込められている。そんな心遣いがとても素敵です。

動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=Cn7i9FviUk0
桂文治師匠の長襦袢。めでたい席に合わせた大きく羽ばたく鶴の柄!

でも、実際舞台では、おそらく前の席の人以外はほぼ長襦袢は見えないでしょう。(前の人も見えるかどうか・・・)

だからこそ、そうした見えないお洒落をしているのって格好いいですよねえ。
また噺家がやっているから余計に。

(長襦袢のほかにも、半衿だったり羽織紐も、つい目がいきます。これは好きだなあ、これは自分の好みじゃないな、という目で見ると勉強になりますね。)

人のこだわりは数多あるとは思いますが、一見地味にみえたり、表面に出ないものに限って、案外着る人の”こだわり”が隠されているものです。

ところで、そんな遊びのきいた長襦袢や裏地って、男性も女性も、なかなか出会わないんじゃないでしょうか。

そもそも、そういう裏遊びをするような人が減ったからなのかもしれません。

そんな長襦袢をお探しの方には、ぜひ来週2月27日からのとみひろ銀座出店8周年記念【誕生祭】へいらしてみてください!

(←我ながらうまく告知したものデス。笑)

自社オリジナルの他にないモノづくりで、いつも私たちを楽しませてくれる長島繊維さんの裏遊びシリーズが入荷します!

遊び心あふれる八掛・羽裏・長襦袢が多数!写真はほんの一部。

長襦袢だけじゃなく、八掛・羽裏も色柄多数ありますので、ぜひ会場でご覧ください。

きっと貴女の遊び心をくすぐる出会いがありますよ。


追記:オリンピック記念の柄も入荷予定だそうです。それを着てオリンピック観戦はベタでしょうか??


とみひろ銀座出店8周年記念『誕生祭』

とき:2月27日(木) 〜3月1日(日) 10:30開場〜18:00(最終日のみ17時まで)
ところ:銀座かねまつホール(銀座六丁目) 

詳しくは以下までお問合せください。

TEL: 03-6274-6034 (銀座とみひろ)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です