となみ織物の手技|3月20日〜29日

没後220年 伊藤若冲の世界

今回の見所は、今や世界でも熱烈な人気を博す伊藤若冲や、葛飾北斎など日本が誇る名匠の世界を、西陣の最高の技術で再現した帯が揃います。


創業170年 西陣の名織元

となみ織物は嘉永3年 (1850年)、初代礪波宗介 が富山県砺波より入洛し創業、京都御所の御用を承りました。
業界が職人の高齢化や生産数の減少に直面するなかにあって、
いまや西陣において数少ない名門帯メーカーのひとつです。

そんなモノづくりを続けるとなみ織物だからこそできる
繊細な織表現をじっくりとご 堪能ください。


となみ織物の手技

とき:3月20日(金)〜29日(日)
ところ:銀座とみひろ店内


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です