なぜあった⁉︎ ”お歯黒”の風習

「花暦吉日姿」「元服よし」 歌川豊国(3世)
「花暦吉日姿」「元服よし」  歌川豊国(3世)
「花暦吉日姿」「元服よし」 歌川豊国(3世)

かつて女性が成人または結婚すると歯を黒く染めた「お歯黒(はぐろ)」の風習。

文字通り、歯を黒く染める風習。別名「鉄漿(かね)」「かね」「はぐろめ」「歯黒」「涅歯(でっし、ねっし)」とも呼ばれ化粧品の一種です。

よく時代劇や映画などでもお歯黒の女性が出てくるシーンがありますが、(演出家の意図があるとはいえ)正直私はちょっと不気味に感じてしまいます・・・。

しかし、その歴史は長い。
「お歯黒」は奈良時代から北方民族によって朝鮮半島から伝えられたといわれ、明治初期まで長い歴史を経て続いていた女性の習慣でした(地域によっては大正時代まで続いていたそうです)。

鉄漿は茶碗の中に、濃く淹れたお茶に焼いた鉄くず(酸化鉄)、そして五倍子*(ふし)の粉末を混ぜ合わせ、溶いた液体を歯に塗りこむことで黒く染め上げたそうです。

*五倍子:ヌルデの木や葉に寄生する虫によってできる虫こぶ

黒は何色にも染まらない色。つまり、”貞操”を暗示し、既婚女性としての誇りや心の支えともなっていたといわれています。同時に、封建制度下において、女性を精神的にも外観的にも縛りつけるための手段でもあったといえるでしょう。

ということは、昔の男性たちもお歯黒をした女性たちの口許を「美しい」と感じていた訳ではなく、他の(両親や夫の望まぬ)男たちに「手を出すな!」というメッセージを発するためでもあったと考えられます。

こうして長く日本人の風習として続いてきたお歯黒でしたが、明治政府の近代化政策により、チョンマゲや帯刀とともに禁止され、大正時代にはほぼ全国からお歯黒の風習はなくなりました。

しかし、お歯黒の風習がこのように長い間受け継がれてきたのは、他にも”合理的な理由”があったのです。

お歯黒の効果

古い塚や墓から掘り起こされたお歯黒の歯にはむし歯がほとんどなく、またむし歯が始まってから結婚してお歯黒を付け始めたと思われる女性では死ぬまでそのまま進行が停止していたそうです。

お歯黒にはむし歯を予防する作用があるばかりでなく、その進行を抑制しさらに、知覚を鈍麻する作用のあることが認められています。

お歯黒に使われる五倍子に多く含まれるタンニンは、歯のタンパク質の固着を促し、細菌による溶解を防ぎ、鉄は歯が酸に侵されるのを防いでいたそうです。さらに、呼吸気で酸化された第二鉄はタンニンと結合して緻密な保護膜となり、歯の表面を細菌から守っていました。すなわち、お歯黒は歯を強くし、かつ表面を緻密な膜で覆い歯を保護する効果があったのです。

決して黒い歯をヌッと見せながら不適な笑みを浮かべて、相手を怖がらせるためではなかった!(←私がそう思っていただけですが…)

お歯黒ひとつ取ってみても、日本人が長い年月をかけて継承してきた風習には、とても合理的な理由があったのですねえ。

ところで、
現在では歯科医療も発達し、お歯黒にせずとも健康な歯を保つ手段はありますし、現代に生まれた私としては歯は白い方が良いと思っていますが、
それだけ長く続いてきた風習を突如禁止してしまった、明治の文明開化の乱暴ともいえる側面にも驚かされます。。。

参考:
・テーマパーク8020「お歯黒について」, https://www.jda.or.jp/park/knowledge/index04.html#1
・Japaaan Magazine, https://mag.japaaan.com/archives/110344/2


とみひろウェブストアよりお知らせ

【五倍子染(藤ねず色)】 一級和裁士がつくる 洗えるマスク入荷

本日とみひろウェブストアでは、そんなお歯黒にも使われていた五倍子で染めた「一級和裁士がつくる 洗えるマスク」を新たに入荷いたしました。

色は、赤みがかったグレーの「藤ねず色」
男女問わず、使いやすい色目になっております。

詳しくはとみひろウェブストアにてご覧ください。

五倍子染 藤ねず色マスク
【五倍子染 藤ねず色】とみひろ和裁工房謹製 一級和裁士がつくる 洗えるマスク

早く自由に安心してお出かけを楽しめる日がやってきますように祈っております。


銀座とみひろ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です