季節のコーディネート(大島紬編)

昼間の陽射しはまだ強いものの、朝晩と次第に過ごしやすくなってまいりました。

すこしずつですがお出掛けもし易くなってくるかな、そんな心持ちです。

今回は今月の展示商品である大島紬でコーディネートをご紹介したいと思います。
紬の中でも絶大な人気を博し、誰もが一度は憧れるといわれる大島紬。
着物を買ったことはなくても、ご家族から譲り受けたという方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、”気張らない”コーディネートになっていますので、
普段から気楽に大島を楽しみたい、という方のご参考になれば幸いです。


大人かわいさを引き立てる「大島×幾何学柄」

柿色の無地の大島紬に、抽象的な幾何学柄の帯を合わせました。幾何学柄に入った朱色が、着物の色を引き立てて、コーディネート全体に統一感が出てスッキリとしました。


手軽に締められる帯で。

白っぽい縦縞がきれいな大島に、手織の綴れ名古屋を合わせて。「昔のお母さまは割烹着の下は伊達締めで、PTAなどがあるとサッと手軽に締めやすい帯を締めて出かけていました。」(店長談)


技ありの絞り帯を合わせて。

細めの経のストライプにドットがアクセントになった大島紬。遊び心のある染帯を合わせました。見た目は可愛らしい帯ですが、油断するなかれ。何気に手の込んだ逸品です。

最近のきもの姿は、皆さん上手すぎて、ビシッとし過ぎている感じ!
もうすこし遊びの部分があると、もっと気楽にたくさん着物を着てくださるのではと…。「頑張りすぎないで、そのまんま」がコツです (^^)♪

ー 店長 宮良 ー


大島紬コーディネート、いかがでしたか。
なかなか外出が難しい日が続いてはいますが、おウチでも、着物と帯を出してきてコーディネート遊びをしてみてはいかがでしょう。

もちろん、お店は毎日営業していますので、ぜひ気軽にお好みのコーディネートに合った品を探しに来てください(^ ^)

尚、今週9月5日(土)からは、「あこがれの大島紬」と題して、奄美大島で作られた本場奄美大島紬の逸品がお店に並びます。戦後の復興から、近年の職人の高齢化と後継者不足に悩んできた産地での、新しい挑戦も始まっているなか、どんな作品と出会うことができるのか楽しみにお待ちください。

>>特集記事:「奄美大島紬のこれから」もぜひご覧ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です