VIDEO

関連動画


「TOMIHIRO/ Five centuries’ company」 創業440年を迎えたとみひろ。祖先から受け継がれてきた商いの精神を、社長冨田が語る。
「やまがた里山染織研究所」 2016年、山形県白鷹町で、養蚕ならびに染織の研究事業のスタートさせました。 世界の絹生産を支えた日本の養蚕業は、今では農家数350件を切るほどまでに衰退し、国内に流通する絹糸の99.7%が輸入に頼っているのが現状です。そんな現状から将来の絹産業を危惧し、私たちは桑を植樹し、お蚕を育てることを通して、これからの国産絹はどうしていったら良いだろうかと日々向き合っています。  
「藕絲織(蓮糸)を求めて/ ミャンマー」 世界には様々な織物がありますが、ミャンマーでは蓮から取れる繊維を糸にして、お坊さん(高僧)の袈裟として上納されてきました。インレー湖に浮かぶ小さな集落で、一本一本糸をくり出し、柔らかな生地が出来上がります。そんなインレー湖の藕絲織も、湖周辺のリゾート開発や湖上農業開発によって年々生産量が減少しているとのこと。いつか失われてしまうかもしれない美しい湖と織工房の風景を収めました。
 ]]>