Site Overlay

幻の染織 貝紫展|2月23日(火)〜28日(日)

2月23日(火)より28日(日)まで、2年ぶり、移転後初めての【貝紫展】を開催いたします。

太古から最高の染料として、極めて高貴な者のみが身に纏うことを許されたという貝紫。

当社にて保存されている貝紫は、ヒメサラレイシ貝という、その昔地中海フェニキアで産出していた貝と同種のものです。今から40年ほど前、メキシコのミステカ族という少数民族が長年守り続けてきたことがわかり、日本の調査団によって、ミステカ族とともに染められてきた大変希少なものです。

なお、この貝紫は、国内で流通するアカニシ貝由来の貝紫とは品種、採取法*ともに異なり、
ヒメサラレイシ貝は、いわゆる「帝王紫」「王の紫」と呼ばれ流通する貝紫染めの元となった原種にあたります。

着物愛好家に限らず、染織家を惹きつけてやまない幻の色。

その神秘的な色のパワーは写真ではお伝えできませんので、
ぜひお店にてごゆっくりとご覧いただきたいと思います。

*ヒメサラレイシ貝は、みずから乳白色のパープル腺液を出すため、貝を殺す必要がなく、腺液で糸を染めた後は、すぐに海に返します。そうすることで、メキシコでは生態系を損なうことなく、永く文化継承を行ってきました。


【貝紫展】

とき:2月23日(火)〜28日(日)
ところ:とみひろ表参道店


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA